このページのリンク

<図書>
キンダイ デザイン ノ ビガク
近代デザインの美学 / 高安啓介 [著]

データ種別 図書
出版者 東京 : みすず書房
出版年 2015.3

所蔵情報を非表示



湘南図書館(3F一般書架) 757||Ta57 2111129465

書誌詳細を非表示

出版年 2015.3
大きさ 281, xvp ; 22cm
一般注記 参考文献: 巻末pvi-xiii
本文言語 日本語
著者標目  高安, 啓介(1971-) <タカヤス, ケイスケ>
分 類 NDC8:701.1
NDC9:701.1
件 名 BSH:美学
BSH:デザイン
ISBN 9784622079026
NCID BB18315545
書誌ID B000788552
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
近代デザインにおいて鍵となってきた用語がほとんど当たり前のように使用されているかぎり、用語の背景について問い直しておく必要がある。たとえば、「造形」「構成」「形態」「空間」「表現」といった用語があげられる。今日のデザイナーがこれらの用語によって自分たちの仕事を説明しているのであれば、今日の取り組みのうちにも近代の諸前提がなお根強く残っているはずである。もちろんその理解のしかたが変化してきているとしても、それならばなおさら、何が変化していて何が変化していないかを見定めなければならない。そこで本書は、「造形」「構成」「形態」「空間」「表現」といった用語について検討することで、今日のデザイナーが意識しなくなった近代の諸前提をあらためて意識にもたらして、真に新しいデザインを構想するための足がかりとしたい。

[目次]
序論
近代(近代の意味
一九一〇年前後 ほか)
造形(造形の語
造形大学 ほか)
構成(攻勢の語
絵画の構成 ほか)
形態(形とは何か
形態と形式 ほか)
空間(空間の分類
空間の造形 ほか)
表現(模倣と表現
構成と表現 ほか)
建築(近代建築
普遍性 ほか)
文字(近代書体
構成の理念 ほか)
美学(美学の仕事
交通とは何か ほか)
結論

 類似資料