このページのリンク

<図書>
ハイガイ シュギ オ トイナオス : フランス ニ オケル ハイジョ サベツ サンカ
排外主義を問いなおす : フランスにおける排除・差別・参加 / 中野裕二 [ほか] 編著

データ種別 図書
出版者 東京 : 勁草書房
出版年 2015.5

所蔵情報を非表示



東京あだち図書館(3F一般書架) 334.435||N39 2111130143


あだち_国際学部18
2111134875

書誌詳細を非表示

出版年 2015.5
大きさ xii, 252p : 挿図 ; 22cm
別書名 異なりアクセスタイトル:排外主義を問いなおす : フランスにおける排除差別参加
一般注記 年表フランスの移民・教育政策: p240-242
人名索引: p243-244
事項索引: p245-249
その他の編著者: 森千香子, エレン・ルバイ, 浪岡新太郎, 園山大祐
文献: 各項末
本文言語 日本語
著者標目  中野, 裕二(1963-) <ナカノ, ユウジ>
 森, 千香子(1972-) <モリ, チカコ>
 Le Bail, Hélène, 1975-
 浪岡, 新太郎(1971-) <ナミオカ, シンタロウ>
 園山, 大祐(1971-) <ソノヤマ, ダイスケ>
分 類 NDC8:334.435
NDC9:334.435
件 名 BSH:外国人(フランス在留)
BSH:移民・植民
BSH:社会的排除
ISBN 9784326602773
NCID BB18794572
書誌ID B000789414
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
台頭する排外主義を乗り越えるために。移民・外国人に対する排外主義はいかに進みつつあるのか。断絶され、喪失した共同性を回復するフランスの取り組みを追う。

[目次]
第1部 排外主義の根源とその表出(「業績至上主義」が社会をバラバラにする
共生の理念から排除の道具へ―「フランス的統合」の変化の意味するもの
フランスの福祉レジームと移民レジーム
「排除の空間」におけるソーシャル・ミックス政策の帰結―パリ郊外都市再生事業の事例から
「フランス共和国」におけるムスリムの社会教育と市民参加―リヨン大都市圏におけるムスリム青年連合のネットワーク ほか)
第2部 排外主義との闘い―地域レベルで民主主義を取りもどす(参加と反排除―ブルターニュにおける取り組み
異文化間共生および市民権に関するルーベ市委員会―進化を続ける参加型民主主義機関
サン・パピエ支援とローカルな市民権―フランスのローカルネットワーク組織にみる実践の研究
「公衆衛生へのアクセス」から「政治参加」へ―パリにおける中国人セックスワーカー支援の変容)

 類似資料