このページのリンク

<図書>
ニホンガタ ハイガイ シュギ : ザイトクカイ・ガイコクジン サンセイケン・ヒガシアジア チセイガク
日本型排外主義 : 在特会・外国人参政権・東アジア地政学 / 樋口直人著

データ種別 図書
出版者 名古屋 : 名古屋大学出版会
出版年 2014.2

所蔵情報を非表示



越谷_人間科学部03 316.81||H56 1000548934


あだち_国際学部12 316.81 3000014628

書誌詳細を非表示

出版年 2014.2
大きさ v, 256, 42p : 挿図 ; 22cm
別書名 異なりアクセスタイトル:日本型排外主義 : 在特会外国人参政権東アジア地政学
一般注記 参考文献: 巻末p6-42
本文言語 日本語
著者標目  *樋口, 直人(1969-) <ヒグチ, ナオト>
分 類 NDC8:316.81
NDC9:316.81
件 名 BSH:人種差別
BSH:社会的排除
NDLSH:人種差別 -- 日本  全ての件名で検索
NDLSH:朝鮮人(日本在留)
ISBN 9784815807634
NCID BB14908170
書誌ID B000817557
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
日本型の排外主義運動はいかにして発生し、なぜ在日コリアンを標的とするのか?「不満」や「不安」による説明を超えて、謎の多い実態に社会学からのアプローチで迫る。著者による在特会への直接調査と海外での膨大な極右・移民研究の蓄積をふまえ、知られざる全貌を鋭く捉えた画期的成果。

[目次]
序章 日本型排外主義をめぐる問い
第1章 誰がなぜ極右を支持するのか―支持者像と支持の論理
第2章 不満・不安で排外主義運動を説明できるのか
第3章 活動家の政治的社会化とイデオロギー形成
第4章 排外主義運動への誘引―なぜ「在日特権」フレームに共鳴するのか
第5章 インターネットと資源動員―なぜ在特会は動員に成功したのか
第6章 排外主義運動と政治―右派論壇の変容と排外主義運動との連続性をめぐって
第7章 国を滅ぼす参政権?―外国人参政権問題の安全保障化
第8章 東アジア地政学と日本型排外主義―なぜ在日コリアンが標的となるのか

 類似資料