このページのリンク

<図書>
ガッコウ ト コウジョウ : ニジッセイキ ニホン ノ ジンテキ シゲン
学校と工場 : 二十世紀日本の人的資源 / 猪木武徳著
(ちくま学芸文庫 ; [イ52-1])

データ種別 図書
増補
出版者 東京 : 筑摩書房
出版年 2016.6

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F文庫) 372.1||I56||文庫 1000557069


湘南図書館(2F文庫新書コーナー) CHG||イ||52-1 2211092057


越谷_数学研00
1000559211

書誌詳細を非表示

出版年 2016.6
大きさ 406, xxp : 挿図 ; 15cm
別書名 原タイトル:学校と工場 : 日本の人的資源
異なりアクセスタイトル:学校と工場 : 二十世紀日本の人的資源
異なりアクセスタイトル:学校と工場 : 二十世紀日本の人的資源
一般注記 参考文献: pi-xx
叢書番号はブックジャケットによる
1996年読売新聞社より刊行された『学校と工場 : 日本の人的資源』(20世紀の日本) を改題・改訂したもの
本文言語 日本語
著者標目  猪木, 武徳(1945-) <イノキ, タケノリ>
分 類 NDC8:372.1
NDC9:372.1
件 名 BSH:日本 -- 教育  全ての件名で検索
BSH:人的資源
ISBN 9784480096074
NCID BB21428812
書誌ID B000832322
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
天然資源が豊かではない日本にとって、人材の重要性は強調してもし過ぎることはない。経済的豊かさを規定するのは「人」であり、「人」しかない。では近代日本の経済発展を人材形成の歴史として読みなおしたとき、どのような特徴が浮かびあがるのか。本書では、経済成長をもたらした人的資源(human resources)の形成と配分を、学校、会社、軍隊などの教育・訓練の姿を中心に検証する。「持たざる国」日本では、知識と技能はどのように修得され、産業活動の現場に動員されたのか―。江戸期から現代への変遷をたどり、歴史と理論の両面から日本のシステムの核心に迫る。

[目次]
第1章 江戸の深さ、明治の新しさ
第2章 工業化と労働力
第3章 軍隊と産業
第4章 戦後の学校
第5章 工場内の人材育成
第6章 高学歴化したホワイトカラー
第7章 官吏から公務員へ
第8章 移民と外国人

 類似資料