このページのリンク

<図書>
ホッポウ ノ カクセイ、ジイシキ ト シゼン ヒョウゲン
北方の覚醒、自意識と自然表現 / 秋山聰 [ほか] 著
(西洋美術の歴史 / 小佐野重利, 小池寿子, 三浦篤編集委員 ; 5 . ルネサンス ; 2)

データ種別 図書
出版者 東京 : 中央公論新社
出版年 2017.4

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 702.3||Se19||5 1000566567


東京あだち図書館(2F一般書架) 702.3||O74||5 2111136884

書誌詳細を非表示

出版年 2017.4
大きさ 702p, 図版 [8] p : 挿図, 地図 ; 18cm
別書名 異なりアクセスタイトル:北方の覚醒自意識と自然表現
一般注記 その他の著者: 小佐野重利, 北澤洋子, 小池寿子, 小林典子
参考文献: p679-691
索引: p692-702
本文言語 日本語
著者標目  秋山, 聰(1962-) <アキヤマ, アキラ>
 小佐野, 重利(1951-) <オサノ, シゲトシ>
 北澤, 洋子(1958-) <キタザワ, ヨウコ>
 小池, 寿子(1956-) <コイケ, ヒサコ>
 小林, 典子(1947-) <コバヤシ, ノリコ>
分 類 NDC8:702.3
NDC9:702.3
件 名 BSH:美術 -- 歴史  全ての件名で検索
BSH:ルネサンス美術
NDLSH:美術 -- イタリア -- 歴史  全ての件名で検索
NDLSH:ルネサンス美術
ISBN 9784124035957
NCID BB23532098
書誌ID B000853242
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
イタリア各地でルネサンス期の芸術文化が華々しく展開した頃、アルプスの北側でも、それに勝るとも劣らない偉大な美術が実を結んでいた。ヤン・ファン・エイク、ボス、デューラー、ブリューゲルをはじめとする画家たちが、きわめて個性的な作品を生み出したのである。その背景には、画材や技法の驚異的な進歩や、美術市場の誕生などの社会的要因があった。独自な着想と南北の影響関係があいまって、精緻かつ大胆な世界が展開する。

[目次]
第1章 カール四世とボヘミアの美術
第2章 パリの写本工房
第3章 レアリスムに向けて
第4章 人間と自然
第5章 南北交流
第6章 デューラーの悩み―ドイツ美術にとっての美と醜
第7章 アルプス以北一六世紀の宮廷と美術

 類似資料