このページのリンク

<図書>
コドモ ノ ホン ノ ヨアケ : セタ テイジ デン
子どもの本のよあけ : 瀬田貞二伝 / 荒木田隆子著

データ種別 図書
出版者 東京 : 福音館書店
出版年 2017.1

所蔵情報を非表示



越谷図書館(B1児童室) K909||ア 1000568324

書誌詳細を非表示

出版年 2017.1
大きさ 477, xxivp ; 21cm
別書名 奥付タイトル:The dawn of books for children : the works of Teiji Seta
一般注記 瀬田貞二年譜: p16-19
瀬田貞二著述リスト: 巻末pi-xxiv
本文言語 日本語
著者標目  荒木田, 隆子 <アラキダ, タカコ>
分 類 NDC8:909
NDC9:909
件 名 BSH:瀬田, 貞二
BSH:児童文学
BSH:絵本
ISBN 9784834083156
NCID BB23004114
書誌ID B000855262
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
『三びきのやぎのがらがらどん』「ナルニア国ものがたり」など、子どもたちに愛され読み継がれる絵本やファンタジー作品の数々で、名翻訳者として知られる瀬田貞二氏。戦後の焼け跡が残る日本で「私は自らのあらゆる能力と時間を、子どもたちにむかって解放しなくてはならない」と決心した氏が、それからどのように子どもの本に関わっていったのか―。担当編集者として携わった著者が一九七〇年代を振り返りながら、生涯“自分流に子どもの本とつきあう暮らし”をつづけた瀬田貞二氏の軌跡をたどる。

[目次]
第1章 『児童百科事典』の時代
第2章 『絵本論』―「がらがらどん」と「おだんごぱん」と
第3章 『落穂ひろい』の日々
第4章 『児童文学論』―子どもへの憧れ
第5章 瀬田先生の「旅」
資料編(瀬田貞二著『絵本論』をすすめる―絵本の選択のために(松岡享子)
郵便机(余寧金之助))

 類似資料