このページのリンク

<図書>
OECD コウシュウ エイセイ ハクショ ニホン : アス ノ タメ ノ ケンコウズクリ
OECD公衆衛生白書:日本 : 明日のための健康づくり / 経済協力開発機構(OECD)編著 ; 村澤秀樹訳

データ種別 図書
出版者 東京 : 明石書店
出版年 2019.8

所蔵情報を非表示



湘南図書館(3F一般書架) 498.1||O71 2111144204

書誌詳細を非表示

出版年 2019.8
大きさ 206p : 挿図 ; 26cm
別書名 原タイトル:OECD reviews of public health: Japan : a healthier tomorrow
異なりアクセスタイトル:OECD公衆衛生白書:日本 : 明日のための健康づくり
異なりアクセスタイトル:OECD公衆衛生白書 : 日本 : 明日のための健康づくり
一般注記 参考文献あり
本文言語 日本語
著者標目  Organisation for Economic Co-operation and Development
 村澤, 秀樹 <ムラサワ, ヒデキ>
分 類 NDLC:AZ-561
NDC8:498.1
NDC9:498.1
NDC10:498.1
件 名 BSH:厚生行政
BSH:公衆衛生
ISBN 9784750348841
NCID BB28710160
書誌ID B000922265
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
本書は、日本の現在の公衆衛生上の課題の大きさと、それに対応するための、既存の公衆衛生施策の有効性を評価することを目指している。多くの点で、日本国民は他のOECD諸国の人々と比較して、驚くほど健康で、リスクのある健康行動割合が比較的低く、平均寿命が最も長く、そして包括的な疾患の一次および二次予防プログラムがある。しかしながら、人口の急速な高齢化は、高齢者に対する健康で病気のない生活習慣を支援する必要が、かつてないほど大きくなっていることを意味する。この白書は、特に一次予防と二次予防について、日本が選択した優先的介入に焦点を当て、これらを全国レベルで実施するために一歩踏み出すことを推奨する。これを実行するためには、全ての公衆衛生施策について、統合された施政、データ主導の政策、そして良好な市民参加の全てが、鍵となる。

[目次]
評価と提言(日本の公衆衛生システム
一次予防と健康日本21 ほか)
第1章 日本の公衆衛生システム(日本の公衆衛生像
組織構造 ほか)
第2章 一次予防と健康日本21(日本は、喫煙、過体重、アルコール摂取など、公衆衛生上の様々な課題に直面している
健康日本21は、国、地域、職場、学校を拠点とする、健康増進介入の枠組みを提供する ほか)
第3章 日本の健康診断(日本では、法的にいくつかの健康診断が必要である
がん検診を含む、他の健康診断の提供も推奨される ほか)
第4章 公衆衛生上の緊急事態に対する日本の備え(日本のリスク特性と公衆衛生への影響
公共政策に反映されているように、日本は公衆衛生上の緊急事態への備えを優先事項としている ほか)

 類似資料