このページのリンク

<図書>
ワタシ ノ ハタラキ
わたしのはたらき / 西村佳哲著
(自分の仕事を考える3日間 / 西村佳哲著 ; 奈良県立図書情報館 [企画・協力] ; 3)

データ種別 図書
出版者 東京 : 弘文堂
出版年 2011.12

所蔵情報を非表示



湘南図書館(3F一般書架) 366.29||N84||3 2111147924

書誌詳細を非表示

出版年 2011.12
大きさ 254p : 挿図 ; 19cm
一般注記 標題紙の責任者表示: 西村佳哲著with奈良県立図書情報館
推薦図書: 末尾
本文言語 日本語
著者標目  西村, 佳哲(1964-) <ニシムラ, ヨシアキ>
 奈良県立図書情報館 <ナラ ケンリツ トショ ジョウホウカン>
分 類 NDC9:366.29
件 名 BSH:職業
ISBN 9784335551505
NCID BB07430927
書誌ID B000933252
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
全国から数百名の人々が奈良の図書館に集まって、“自分の仕事”について考え合った、3日間のフォーラムから生まれた本。全三冊シリーズの最終巻。

[目次]
森のイスキア主宰・佐藤初女さんを冬の弘前に訪ねる―素直になるのよ
ホールアース自然学校創設者。広瀬敏通さんの行動原理はなにか?―自分で決めることをしてきた
作家、建築家・坂口恭平さんと“生きてゆく技術”をめぐって―カントは「大人になれ」って言ってるんですよ
NPO法人さくら会理事、アドボカシー・川口有美子さんは家族介護という仕事を経て―関係の中で生きているかぎり、必ずなにか与えられるものがある
サウンド・アーティスト・鈴木昭男さんの生き様を丹後に訪ねる―生かされているのかな
主婦、随筆家・山本ふみこさんは“主婦”の仕事を?―本当に「勝手にしたい」というのがあって
建築家・中村好文さんが大事にしてきたこと―競争しない。自分で走るだけ
ミナペルホネン代表、デザイナー・皆川明さんが持続させようとしているのは―一人の人生のなかで完結させるより
編集者、ディレクター・伊藤ガビンさんの話を秋葉原と奈良できいて―「ない」と思って生きている方が、いろいろクリアになる

 類似資料