このページのリンク

<図書>
ゲンダイ シャカイ ト メンタル ヘルス : ホウセツ ト ハイジョ
現代社会とメンタルヘルス : 包摂と排除 / 中谷陽二責任編集 ; 斎藤環, 森田展彰, 小西聖子編集 ; 小池純子 [ほか] 編集協力

データ種別 図書
出版者 東京 : 星和書店
出版年 2020.10

所蔵情報を非表示



越谷図書館(2F一般書架) 493.7||N43 1000606707

書誌詳細を非表示

出版年 2020.10
大きさ xiii, 353p : 挿図 ; 21cm
一般注記 その他の編集協力: 菊池春樹, 渡邊敦子, 大江由香, 種田綾乃, 池田朋広
文献: 各論末
本文言語 日本語
著者標目  中谷, 陽二 <ナカタニ, ヨウジ>
 斎藤, 環(1961-) <サイトウ, タマキ>
 森田, 展彰(1963-) <モリタ, ノブアキ>
 小西, 聖子(1954-) <コニシ, タカコ>
 小池, 純子 <コイケ, ジュンコ>
分 類 NDC8:493.7
NDC9:493.7
NDC10:493.7
NDLC:ED3
NDC10:368.021
件 名 BSH:精神医学
BSH:社会的包摂
BSH:社会的排除
NDLSH:社会病理 -- 日本  全ての件名で検索
ISBN 9784791110636
NCID BC03470370
書誌ID B000936408
目次/あらすじ
日外アソシエーツ『BOOKPLUS』より

[あらすじ]
ひきこもり、犯罪被害、依存症、虐待…現代社会には“生きにくさ”を感じている人々が数多く存在する。「排除」を最小化し、「包摂」へと導くために何をすべきか。現場の視点から解決の糸口を示す!

[目次]
第1章 社会へのメッセージとしての孤立(ひきこもりと社会
排除の臨床としてのハウジングファースト ほか)
第2章 トラウマ・被害者(性犯罪被害時の回避的対処、及びその直後の心理について―抵抗できない、怒りを持てない
知的発達障害(精神遅滞)のある犯罪被害者 ほか)
第3章 社会現象としての依存症(薬物依存が社会に与える損傷(ハーム)を最小化するためには?―「ダメ、絶対」から回復支援へ
政策としての依存症対策と地域での支援―薬物依存症を中心に ほか)
第4章 家庭内葛藤(「助けて」が言えない人への支援―家庭内暴力の被害者の心理教育を中心に
「排除と包摂」の視座から見たDV問題 ほか)
第5章 現代社会の生きにくさと犯罪(精神医療改革と触法精神障害者―包摂か排除か
超高齢化社会における高齢犯罪者―要因と課題を抱えた高齢者との共生社会を目指して ほか)

 類似資料